2021年8月
Global Steering Group for Impact Investment(GSG)国内諮問委員会
一般財団法人 社会変革推進財団(SIIF)

本調査は、我が国の金融機関、民間企業、財団法人等が行う、社会・環境分野における投資活動において、社会面・環境面での課題解決を図ると共に、経済的な利益を追求する投資行動である所謂「インパクト投資」がどの程度普及しているか、その投資規模や事例を把握することを目的としています。

Excelファイルのダウンロード

本調査は、郵送による回答の他、下記のExcelファイルをダウンロードして回答いただけます。ご入力いただきました調査票は、9月30日(木)18:00 までに、(一財)社会変革推進財団 宛にメールで送付してください。

送付先アドレス:gsg_survey@siif.or.jp

  • ご回答内容は、GSG日本国内諮問委員会・事務局及び㈱リサーチワークスが統計的に処理致します。個社名及び個社名が特定できる情報を無断で外部に公表されることはございません。
  • 本調査に関するお問い合わせやご不明な点がございましたら、下記お問い合わせ先までご連絡ください。

【アンケートに関するお問い合わせ先】

一般財団法人社会変革推進財団(SIIF)担当:戸田、佐々木

「自助・公助・共助の枠組みを超えて、社会的・経済的資源循環のエコシステムをつくる」というミッションのもと、日本財団の協力を得て設立された、社会的投資推進財団(旧SIIF)と社会変革推進機構の両財団が 2019年に合併した一般財団法人。GSG日本国内諮問委員会の事務局を務める。

【委託元について】

Global Steering Group for Impact Investment(GSG)日本国内諮問委員会

2013年のG8サミットで議長国の英国・キャメロン首相による提唱のもと「G8社会的インパクト投資タスクフォース」が創設され、2015年に名称をGSGに変更した。 現在16か国で立ち上げられた国内諮問委員会が、各国でインパクト投資を推進している。日本では2014年に金融機関や政府機関等の各界有識者で構成される国内諮問委員会が立ち上がった。

https://impactinvestment.jp/