原則として、2度入力したものをマッチングさせる「ベリファイ入力」という方法で実施しています。なお内容によって、ベリファイ以外の方法で実施、併用することがあります。